新着情報 新着情報

新着情報

整形外科/人工関節チーム稼働中!

整形外科/人工関節チーム稼働中!

ご挨拶

はじめまして
整形外科部長の大澤 拓也と申します。
私ども整形外科では人工関節チームを結成し、変形性関節症に対して人工関節の手術加療を中心に治療を行いながら、術前・術後のリハビリテーションに重きを置き、歩き方の改善・身体の使い方の指導などトータルケアを行っております。
入院から退院までプログラムを作成しリハビリテーションを行い、安定した歩き方を目標に術後2ー3週で退院可能レベルを目指します。
また、退院後は外来リハビリテーションを継続してより良い歩き方を目指していきます。

変形性関節症の場合、手術療法以外の保存加療(注射や投薬)においてもリハビリテーションは非常に有用であり、外来リハビリテーションでは各々の患者様の病態に合わせたメニューを作成し、リハビリを行っていきます。
関節が痛い、うまく歩けないなどお困りの方は、ぜひ整形外科にご相談ください。

今後も変形性関節症や人工関節の情報を定期的に発信していきたいと思います。


整形外科部長/大澤 拓也

全人工膝関節置換術(TKA)ってどんな手術?

全人工膝関節置換術(TKA)は、変形性膝関節症や関節リウマチなどにより変形した膝関節を、金属やセラミック、ポリエチレンなどでできた人工関節に入れ替えることで痛みがなくなり、歩行能力が改善され、痛みのない生活を送ることができる手術です。
手術は通常1~2時間程度で、感染を予防するためクリーンルームを使用して行います。


全人工膝関節置換術のメリットは?

当院の全人工膝関節置換術の特長として、最先端技術である患者さん一人ひとりに合わせた「オーダーメイド」の器械を使用することで、正確な骨切り・人工関節の設置を可能にしています。従来、ミリ単位の手術技術・経験を必要とし、医師の経験で大きく左右される手術でした。
患者さん一人ひとりにオーダーメイドの手術器械を使用することで、より正確・確実となりました。さらには手術時間の短縮、合併症リスクの軽減を目指しています。

術後、どれくらいで歩けるようになる?

通常の場合、術後翌日より歩行訓練を開始し、術後1週程度で歩行器や杖を使用した歩行形態、術後2週程度で杖を使用しない歩行形態を獲得します。入院期間は約3週間程度で、早い方は2週間程度で退院されます。
入院中に、入浴・階段昇降・畳での生活、またトイレ動作など、退院後の生活に困らないよう日常生活動作の訓練を行い、退院時には杖を使わずスムーズな歩行ができることを目指しています。

手術結果イメージ

一覧へ戻る
back 一覧に戻るのアイコン

ご不明点がございましたら、
お気軽にお問い合わせください。

電話番号はこちら
045-860-1777
ページトップ ページトップのアイコン

トップへ戻る